top of page

価値をつくるコンテンツ作りとは?【2023年最新版:マーケティング】


AJマーケティング-価値を作るコンテンツ作りとは?-2【2023年最新版:マーケティング】-1

まずはじめに:


2023年、コンテンツマーケティングの重要性はこれまで以上に高まっています。


過去数年間でコンテンツマーケティングは大きく進化し、ブランドや企業がターゲットとする視聴者に対して価値を提供する手段としての役割が増してきました。


この記事ではただ情報を伝えるのではなく、読む人に価値を提供するコンテンツとは何か、その要素や戦略について成功事例と共に詳しく説明していきます。



AJマーケティング-価値を作るコンテンツ作りとは?-2【2023年最新版:マーケティング】-2

コンテンツクリエーションにおける「価値」とは


上の図にもある通り、多くのマーケターがコンテンツの質とその頻度に関する興味深い見解を持っています。


真の「価値」を持つコンテンツとは読者の関心やニーズに直接応え、深い洞察や解決策を提供するもので、単に情報を伝えるだけでなく、読者にとっての有益性や意義を持つべきものという意味です。


このようなコンテンツは、ブランドと顧客の間の信頼を築き、長期的な関係を育む基盤となります。



【2023年】価値をつくるコンテンツの重要な要素⬇️(目次)


● 5つのキーワード


5つのキーワード

1. 関連性 (Relevance)

AJマーケティング-価値を作るコンテンツ作りとは?-2【2023年最新版:マーケティング】-3

2023年、コンテンツの関連性は非常に重要です。


現在のトレンド、興味を反映するコンテンツは、読者の注意を引き付け情報のニーズを満たすことができます。


時代遅れの情報や関連性のないトピックは、読者の興味が失われます。

そのため、常に最新の情報を提供し、ターゲットオーディエンスの関心を引き付けることが不可欠です。


成功事例1:Mapping Marvel Origins


Marvel Comicsは1939年にスタートしましたが、1961年のFantastic Fourや他のスーパーヒーロータイトルがたくさんの人の心を掴みました。

この「Mapping Marvel Origins」キャンペーンは、人気のMarvelキャラクターを彼らの出身地と結びつけるマップインフォグラフィックに焦点を当てることにより、読者とコンテンツを深く結びつける要素を巧みに取り入れ、結果として9000回のシェアと365のストーリーでの掲載を果たしました。



2. 信頼性(Authenticity)

AJマーケティング-価値を作るコンテンツ作りとは?-2【2023年最新版:マーケティング】-4

信頼性のあるコンテンツは、過度に宣伝的でなく、情報提供やエンターテインメントを目的としています。


読者は、企業やブランドが誠実に情報を共有していると感じると、その情報源を信頼しやすくなります。


2023年、消費者は透明性と誠実性を高く評価しており、これがコンテンツ自体の価値を高める鍵となっています。


成功事例2:IKEA: “The Wonderful every day” Campaign


このキャンペーンは、毎日を特別にするという考え方を促進するコンテンツマーケティングキャンペーンです。


キャンペーンには、IKEAの製品で自宅をコーディネートした実際の人々のストーリーがPICK UPされています。


この「Wonderful Everyday」キャンペーンは、ユーザー生成のコンテンツを活用してIKEA製品の多様性と機能性をアピールしています。


実際のストーリーを組み込むことで、視聴者との共感や信頼性を生み出し、このキャンペーンの結果、200万以上のSNSのエンゲージメントが生まれ、IKEAのオンラインセールスは40%増加しました。



3. エンゲージメント (Engagement)

AJマーケティング-価値を作るコンテンツ作りとは?-2【2023年最新版:マーケティング】-5

エンゲージメントを促進させるコンテンツは、コメント、シェア、その他の形式の交流を通じて、読者との関係を築くことができます。


読者がアクティブにコンテンツに関与することで、ブランドとのつながりが強化され、コンテンツの影響力が増大します。


そして読者によって共有されたコンテンツには信頼性という「価値」が付与されるのです。


成功事例3:Share a Coke and a Song


日本コカ・コーラの2013年のキャンペーン「思い出のそばにはコカ・コーラと歌がある Share a Coke and a Song」は、消費者のエンゲージメントを高める画期的な例です。


このキャンペーンでは、コカ・コーラのボトルに特定の年代が記載され、それに関連するヒット曲をスマホで再生できる仕組みが導入されました。


消費者は自分たちの思い出と重ね合わせながら、コカ・コーラと音楽を楽しみ本キャンペーンは大成功を収めました。


この戦略は、音楽という身近な要素を通じて、コカ・コーラというブランドが個人の思い出や感情と深く結びつく形で消費者と繋がることを可能にしました。


これにより、単なる商品を購入する以上の、ブランド自体への深いエンゲージメントが生まれ、消費者とブランドとの間に特別な絆を築くことができました。



4. ビジュアルアイデンティティ(Visual Identity)

現在のSNSは情報に溢れ情報が埋もれていく中、ビジュアルアイデンティティはそのコンテンツが目に入った瞬間の印象を大きく作用する役割があるので、2023年はグラフィック、動画、その他の視覚的要素の重要性は増しています。


これらの要素はいかに短時間で読者の注意を引き付け、情報の伝達を助ける役割を果たします。


クオリティの高いビジュアルは、コンテンツの全体的な価値を高め、読者の興味や関心を維持するのに役立ちます。


成功事例4:Dove: “Real Beauty” Campaign


​​Doveの「Real Beauty」キャンペーンは、コンテンツマーケティングにおける「ビジュアルアイデンティティ」の力を象徴する代表例です。


2004年に開始されたこのキャンペーンは、従来の美の基準に挑戦し、女性のボディポジティビティを促進することを目的としています。


Doveは、プロのモデルではなく、様々な年齢や体型の実際の女性を取り上げ、視覚的に強力で誠実なメッセージを送り、女性の自尊心と体に対する自信を高めることを目指しました。


この「Real Beauty」キャンペーンは、ビジュアルアイデンティティがブランドの価値をどのように高め、消費者との深いつながりを築くことができるのかを示す、他のブランドにとっての模範となっています。



5. パーソナリゼーション (Personalization)

AJマーケティング-価値を作るコンテンツ作りとは?-2【2023年最新版:マーケティング】-6

特定のオーディエンスセグメントに合わせてコンテンツをカスタマイズすることは、より深い共感性を生むための鍵です。


2023年、一般的なメッセージよりも、個々の読者のニーズや興味に合わせたコンテンツが高く評価されています。


パーソナリゼーションにより、読者は自分自身をコンテンツの中に見ることができ、その結果、ブランドとのつながりが強化されます。


成功事例5:GoPro’s “Be a Hero” Campaign


GoProの「Be a Hero」キャンペーンは、顧客個々の冒険と経験を前面に押し出し、その人たち自身の物語を共有するプラットフォームを提供することで、効果的な「パーソナリゼーション」を実現しています。


2011年に開始されたこのキャンペーンは、GoProのカメラを使用して自分たちの冒険を記録し、GoProのハッシュタグを使ってソーシャルメディアで共有するようユーザーに促しました。


これにより、GoProは消費者との深いつながりを築き、コミュニティを形成し、結果として、このキャンペーンはGoProのブランド認知を大幅に高め、売上を飛躍的に伸ばす大成功を収めました。



まとめ

2023年、コンテンツマーケティングのランドスケープは急速に変化していますが、その中心には「価値」の提供があります。


関連性、誠実性、エンゲージメント、ビジュアルアピール、そしてパーソナライゼーションは、真に価値あるコンテンツを作成するための鍵となる要素です。


今回紹介した成功事例を通じて、これらの要素がどのようにブランドの成功につながるかをご紹介しました。

今後、これらの要素を取り入れ、読者や顧客にとっての価値を最大化することで、ブランドは持続的な成功を収めることができるでしょう。




Contact Us

info@ajmarketing.io


AJ Marketing | Unlock the Power of Influence



Comments


bottom of page