top of page

海外のコンテンツマーケティングを国内で活かす方法5選


海外のコンテンツマーケティングを国内で活かす方法5選-1

はじめに


今日のデジタル市場では、コンテンツマーケティングは企業のブランド認知度を高め、ターゲットオーディエンスと効果的にエンゲージするための重要な戦略となっています。


しかし、国内市場におけるコンテンツマーケティングの手法だけでなく、海外の成功事例からも多くの学びを得て、国内のマーケティングをより有効にすることができます。


海外のコンテンツマーケティングを国内で活かす方法5選-2

この記事では、海外で実践されている効果的なコンテンツマーケティングの7つのポイントを紹介し、これらを日本国内でどのように活用できるかを探ります。


グローバルな視点を取り入れたマーケティング戦略を構築することで、国内市場での競争力を一層強化することが可能です。


海外のコンテンツマーケティングを国内で活かす方法5選-3

海外のコンテンツマーケティングから何を学ぶ?⬇️


1. 事実に基づいた信頼あるコンテンツの提供

海外のコンテンツマーケティングを国内で活かす方法5選-4

海外のコンテンツマーケティングでは、正確で信頼性の高い情報を提供することが重要視されています。


読者との信頼関係を築くために、データや信頼できる情報源に基づいたコンテンツを作成することが求められます。


このアプローチは、信頼性の確立と長期的なブランドの信用構築に寄与します。


写真は実際のコカコーラのキャンペーンに関連した国内のインスタグラムの投稿の一部です。


事実に基づいた信頼性のあるコンテンツの理想は”キャンペーンを知った顧客”が”実際にキャンペーンに参加”し、それを”シェア”することです。


インフルエンサーなどを用いたコンテンツでは実際に商品を使用、あるいはキャンペーンに参加し共有は可能でしょう、しかしそれらがいかなる場合でも信頼性を持っているでしょうか?


このキャンペーンが大成功した理由はあくまで”一般人”の顧客が自分の名前が書かれたボトルを購入しその実体験をシェアするという信頼性&スピードが実現しています。


2. 質の高いコンテンツに焦点を当てる


高品質なコンテンツは読者に強く共感され、共有されやすく、他のウェブサイトからリンクされることで、検索エンジンの可視性も向上します。


このInsta360 Ace Proの動画はカメラの機能をクリエイターの技術でさらに後押しする形でコンテンツの質を上げています。


コンテンツ自体の質を上げることは元々商品に興味のなかった人までもつい目が止まり、動画を見終わる頃には自分もその商品が欲しいと自然に思うことができるのです。


国内でのトレンドを入れるのもいいですし、海外で流行っているコンテンツに工夫を加えることで周りとは違うユニークで質の高いコンテンツが生まれます。


3. 検索エンジン最適化(SEO)の徹底


海外では、SEOを考慮したコンテンツ作成が不可欠とされています。


関連キーワードの自然な組み込み、明確なタイトルやメタディスクリプション、ヘッダータグの使用が推奨されます。


SEOを常に長期的に意識することで、あなたのブランに最適な傾向を見つけることができるのです。


日本市場でも、ローカルSEOを意識したコンテンツが必要です。


4. ターゲットオーディエンスの明確化とローカライズ

海外のコンテンツマーケティングを国内で活かす方法5選-5

ターゲットオーディエンスのペルソナを作成し、そのニーズや関心に基づいたコンテンツを提供することが重要です。


また、単なる翻訳ではなく、文化的なニュアンスやトーンを反映したローカライズが求められます。


これにより、オーディエンスとの深い関係を築くことができます。


Airbnbは、そのコンセプトを超えて、体験全体を通じて本物の魅力を捉えています。


まず、ウェブサイトとアプリは62言語に対応しており、ユーザー生成コンテンツ(リスティング情報やユーザーレビュー)も翻訳されています。


これにより、利用者は本当に親しみやすいと感じることができます。


日本人は特にコミュニティを他国と比べても重んじるところがあるため、このようなアプローチはとても効果的と言えます。


5. トレンドへの対応と継続的な改善

海外のコンテンツマーケティングを国内で活かす方法5選-6

市場のトレンドやオーディエンスのフィードバックを常にモニタリングし、戦略を適応させることが求められます。


コンテンツの形式やアプローチをテストし、何が効果的かを見極めることで、持続可能な成長を実現します。


Duolingoは、新しい言語を学ぶためのウェブサイトやアプリとして知られていますが、TikTokでは別の理由で注目を集めています。


それは、同社の「狂気じみた」マスコットです。

Duolingoは、アイコニックな緑色のフクロウのマスコットをフィーチャーした一連のコンテンツを継続的に投稿することで、TikTokで450万人以上のフォロワーを獲得しました。


多くの動画は同社の製品やサービスに言及していないものの、面白くて流行に乗ったコンテンツを作成することで、アプリ内でのブランド認知度を高めることに成功しています。


特に通勤・通学文化が根強い日本ではこのような短い時間でクスッと笑えるようなコンテンツは広く愛される秘訣です。


まとめ

これらのポイントを踏まえて、海外の成功事例を参考にしながら、日本国内でのコンテンツマーケティングを効果的に展開することができます。


グローバルな視点を取り入れることで、国内市場での競争力を高めることが可能です。


ただ海外で流行ったものをそのまま国内のマーケティングに取り入れるのではなく、それらを日本人のどのような特徴にアプローチかけていくのかまで考えることでより中身のあるコンテンツが生まれます。


みなさんもぜひ国内だけではなく、海外に視野を広げた上でもう一度国内でのコンテンツマーケティングを見直してみては如何でしょうか?





Contact Us


AJ Marketing | Unlock the Power of Influence



Comments


bottom of page